セラミックの種類

歯科治療時の被せ物や詰め物は、セラミック、金属、プラスチックなどの素材を部分的に変えることにより、前歯小臼歯や奥歯などの治療する歯によって使い分けることができます。すべてセラミックを使用しているものなら前歯や小臼歯に、また金属を部分的に使用することによって強度を高めて奥歯に使用したりすることができます。このように素材の違いによって下記のようなセラミックの種類に分けることができます。

■オールセラミック
すべてがセラミックでできているものを「オールセラミック」といいます。オールセラミックは、自然歯のような色調を出すことができるので、より審美性を追求したい「前歯」や「小臼歯」によく使われます。過度な力が加わると欠損しやすいこともあり、奥歯にはおすすめしません。またセラミックは硬いので接触する他の歯を傷つけてしまうこともあります。

■ジルコニア
内側の素材にジルコニアを使用することで、オールセラミックをさらに審美性・耐久性を高めたものがジルコニアです。

■メタルボンドセラミック
内側の素材に金属を使用することで、オールセラミックよりも強度や耐久性を高めることができますので「奥歯」に使用することができます。ただし、金属を使用しているため「金属アレルギー」の方にはおすすめしません。

■ハイブリッドセラミックス
歯科治療用プラスチックであるレジンを使用することで、適度に硬さとなり他の歯を傷つけにくくなり、金属を使用していないので金属アレルギーの方にもご利用できます。しかし、変色しやすいというデメリットもあります。

■ラミネートベニア
ラミネートベニアという薄いセラミックを歯の表面に貼り付けます。歯の色や形を比較的簡単に治療することができます。また軽度なら短期間で歯並びを治療することも可能です。ただし、歯を少し削る必要があることと、過度な力が加わると欠けてしまう場合があります。