妊娠・出産を控えた方の歯科治療

胎児や授乳期の赤ちゃんにも影響が及んでしまいますので、できれば妊娠される前に、もしくは妊娠中期(6ヶ月前後)の比較的安定している時期に治療されることをおすすめします。

歯の治療をする場合は「妊娠している」ことを必ず歯科医に伝えてください。妊娠時期により、治療法や治療スケジュールを工夫する必要があります。また虫歯などで痛みがある場合、痛み止めなどの薬を服用する場合は産婦人科の医師とも相談してください。

特に注意したいのが「歯周病」です。

妊娠中はホルモンのバランスが崩れて歯肉炎になりやすくなります。歯肉炎を放っておくと、早産や低体重の赤ちゃんになる可能性がある「歯周病」に進行しています。歯周病治療は早めの治療が大事ですので、定期検診のつもりで、まずは歯科医にチェックしてもらってください。歯周病でなかった場合でもブラッシング指導も受け、日常のデンタルケアも大切にしてください。もし歯周病であった場合ならば、歯科医に妊娠のことを話し、忘れずに治療法ついて相談してください。