オールセラミックのメリット、デメリット

オールセラミックとは、歯科治療時の被せ物や詰め物を使用する場合に、金属やプラスチックなどを含まないセラミックだけでできた被せ物や詰め物のことをオールセラミックといいます。

そのオールセラミックのメリットとして、
(1)自然歯と区別がつかないくらいほどの白さを表現できる。
(2)他の歯との色調を合わせることもできる。
(3)長い期間、白さを持続できる。
(4)長い期間、安定している。
(5)金属アレルギーの方も安心。
(6)虫歯になりにくい。

またオールセラミックのデメリットとして、
(1)自費診療のために、治療費が高額になる。
(2)過度な力がセラミックの歯に加わると、欠けたり割れたりする。

このような特徴があるために、オールセラミック治療は「前歯の色調を気にしている」「前歯の歯並びを気にしている」「前歯に金属を使った差し歯を使っている」など、特に前歯が気になっている方におすすめしたい治療法です。