セラミック治療とは

セラミック治療とは、陶器などに使われるセラミック材を被せ物や詰め物として使用する歯科治療のことです。虫歯治療をした際に、その治療した歯に被せたり、詰めたりするものは、保険の効く銀歯や差し歯が使われます。ところが、銀歯や金属を使用した被せ物は歯茎との隙間が黒ずんでくるので、最近では口を開けることを躊躇ったり、笑顔に自信がないという方が増えています。
また虫歯などが再発しやすいとも言えます。

そこで近年人気が高まっている治療法がセミラック治療です。

セラミック治療の特徴は、
(1)自然歯に近い白さを表現でき、他の歯と色合いを調整できる。また長期間変色しません。
(2)表面が滑らかなので虫歯の原因であるプラークがセラミック歯に付きにくい。(虫歯になりにくい)
(3)歯科用接着剤により長期間安定する。
(4)金属アレルギーの方にも有効。

これらの特徴の反面、デメリットもあります。
(1)保険治療(銀歯など)に比べ治療費が高い。
(2)過度な力がセラミック歯に加わると欠けやすい。

メリットデメリットはありますが、虫歯や歯周病が原因で詰め物や被せ物をする場合、セラミック治療も検討されることをおすすめいたします。

オールセラミック審美歯科治療をお探しならこちらの医院がおすすめです。 審美歯科(オールセラミック)治療の費用、料金 | 銀座しらゆり歯科
1本6万円~の審美歯科治療